葬儀

【解決】永代供養墓「納骨堂・樹木葬・合祀墓のメリット・デメリットや費用相場」/格安で購入する方法もご紹介

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
こんにちは、ライフサポートナースマンの朝比奈です。

私は看護師として多くの方の看取りをし、残された家族へのサポートも行ってきました。

そういった経験のなかで、多くの方が葬儀や遺品整理について後悔の言葉を口にしていました。

なぜそのようなことが起こるのか調べてみると、業者選びの失敗や知識不足が後悔の一番の原因になっていることがわかりました。

このような経験を通して、後悔のない葬儀や遺品整理を行うための手助けをしたい、という想いで運営しているのが「one’s LIFE」です。

人生最後の住まいを決める納骨。

納骨といえば、お墓というイメージが強いかもしれません。

しかし近年では、少子化や核家族化などの影響により永代供養墓を選択する人が増えているんです。

そこでこの記事では、永代供養墓の種類や費用相場や、永代供養墓を格安で購入する方法などをご紹介していきます。

永代供養が増えている理由

永代供養とは、「家族に代わって寺院や霊園が遺骨を永続的に管理・供養してくれる埋葬方法ことを言います。

永代というと永久に管理・供養してくれると思うかもしれませんが、寺院や霊園によっては期間が決められていることがあるので注意が必要がです。

近年では、金銭的な理由や負担面の理由などから、永代供養を選ぶ人が増えています。

永代供養とは?

永代供養は、以下のような考えを持っている方に最適な納骨方法です。

  • お墓にかける費用を子供たちに残したい
  • お墓の管理や維持で子供たちに迷惑をかけたくない
ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
しかし、永代供養を選ぶことで生じるメリット・デメリットを把握しておかないと、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

「デメリット」

永代供養を選ぶデメリットには、以下のようなものがあります。

永代供養のデメリット
  • 永代供養では、共同で使用する墓(共同墓)で遺骨が管理されることが多い
  • 共同墓に一旦遺骨を埋めると、遺骨を取り出すことができなくなる
  • 家族や親族の理解が得られず、トラブルになることがある
  • 永久的に供養してくれるのではなく、最終的に合祀墓に入る
  • 合祀墓の場合は、個別にお参りできない

「メリット」

永代供養を選ぶメリットには、以下のようなものがあります。

永代供養のメリット
  • 寺院や霊園が供養と管理を行ってくれるため、負担が少ない
  • 墓石代がかからないため、費用を抑えることができる
  • 初回の永代供養料を払えば、その後の費用負担の心配がない
  • 宗派などに関係なく誰でも入ることができる
  • 生前に自分で申し込むことができるため、残された家族の負担が減る

永代供養墓とは?

永代供養墓とは、管理料を払うことで墓地の管理者が供養・管理してくれるお墓のことで、お墓を継承する人がいない方に最適な納骨方法です。

永代供養墓には、個別のお墓があるわけでなく、他の人と同じお墓に安置されるのが一般的でした。

しかし近年では、個別の永代供養墓を希望する人が増えているため、マンション型の個室を設けて供養・管理できる形が増えています。

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
永代供養墓は、墓石のお墓をつくるわけではないので、一般的なお墓に比べて費用を抑えることができます

また、宗派を問わず入ることができるのも大きな特徴です。

永代供養墓【合祀墓・個人墓・集合墓】

永代供養墓には大きく分けて、以下の3つのタイプがあります。

合祀墓複数の人と一緒に納められるタイプ
個人墓個人もしくは夫婦で納められるタイプ
集合墓マンション型の個室に個別に納められるタイプ

「合祀墓のメリット・デメリット」

墓石の下に大きな空間があり、そこにさまざまな人の遺骨や位牌をおさめるのが「合祀墓」です。

合祀墓は、常に開放されているところが多いため、いつでもお参りすることができます。

また、墓石をたてる必要がないため、永代供養の中でもとくに費用を抑えることができる方法です。

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
合祀墓の場合は、不特定多数の人と一緒に納骨されるため、故人一人だけに手を合わせることはできない、というデメリットがあります。

「個人墓・集合墓のメリット・デメリット」

個人墓・集合墓の場合は、故人一人だけに手を合わせることができます。

しかし、33回忌を過ぎた時点や、管理費を払う親族がいなくなった時点で合祀墓に移されることになります。(契約内容により異なる)

個人墓や集合墓の費用は、合祀墓に比べて高めに設定されているのが特徴です。

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
生前に契約した場合は、使用開始まで管理料を支払う必要がある場合があるので注意が必要です。

永代供養墓【納骨堂】

納骨堂とは、納骨できるロッカーのようなもの(納骨棚)が室内にあり、お墓をつくらなくても一時的または永久的に入ることができる場所のことを言います。

そんな納骨堂は、一般的なお墓の半分程度の費用で購入することができます

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
納骨堂は室内にあるため、季節や天候に左右されずにお参りすることができます

「納骨堂の種類」

納骨堂には、主に3つの種類があります。

寺院納骨堂寺院が運営・管理。檀家なる必要はない
公営納骨堂自治体が運営・管理。自治体が定めた条件を満たす必要がある
民営納骨堂法人が運営・管理

「納骨堂の形式」

納骨堂には、主に4の形式があります。

仏壇式納骨堂内に仏壇が並ぶ形(上段に位牌、下段に遺骨を納める)
棚式納骨堂内の棚に骨壷を納めるする形
ロッカー式コインロッカーのような納骨檀に遺骨を納める形
機械式(堂内墓)堂内に墓があり、骨壷が機械で運ばれてくる形

「納骨堂のデメリット」

納骨堂のデメリット
  • 多くの納骨堂では納骨期限が設けられている
  • 納骨期限を過ぎた場合は「契約を更新する」「合祀墓に納骨する」のどちらかを選ぶ必要がある

「納骨堂のメリット」

納骨堂のメリット
  • お墓をつくる場合より格段に費用を抑えることができる
  • 屋内に安置されるため、雨風などにさられる心配がなくなる
  • 毎日しっかりと運営・管理されているため、いつも綺麗な状態に保たれている

永代供養墓【納骨堂:マンションタイプ】

マンション型の納骨堂は、寺院などにある殺風景なものではなく、おしゃれで素敵なものが多くあります。

この中でも近年増えているのが、マンションのような建物の中に多くの骨壷を安置する機械式(堂内墓)のものです。

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
機械式(堂内墓)には、参拝用ブースがありカードをかざすと骨壷が運ばれくるというシステムが導入されています

「マンションタイプのデメリット」

デメリット
  • 線香をあげることができない
  • 共同スペースのため、ゆっくりとお参りできない

「マンションタイプのメリット」

メリット
  • いつでもお参りすることができる
  • 足腰が悪くても苦なくお参りをすることができる

永代供養墓【樹木葬の特徴】

樹木葬は、墓石を墓標とするのではなく、樹木を墓標としているのが大きな特徴です。

樹木葬にも、継承墓がある場所がありますが、ほとんどが継承者が必要ではない永代供養墓です。

「樹木葬のデメリット」

樹木葬のデメリット
  • 一度埋葬すると取り出すことができない場合がある

「樹木葬のメリット」

樹木葬のメリット
  • 公園型・庭園型・里山型などの種類がある
  • 霊園や寺院内の管理された自然の中で埋葬できる
  • 無宗教でも納骨することができる
  • 樹木以外にも、花畑や芝生タイプなどがある

永代供養墓【費用相場】

永代供養墓の全国相場10〜80万円
お墓へ納骨する場合の全国相場約180万円
ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
このように永代供養墓は、お墓に納骨する場合に比べて費用が格段に安くなります

「永代供養墓を格安で購入する方法」

永代供養墓を格安で購入するためには、比較検討することが大切です。

なぜなら、永代供養墓と一言にいっても、さまざまな種類のものがあり、費用が大きく異なるからです。

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
とはいえ、一つひとつを自分一人の力だけで探すのは、膨大な労力と時間がかかってしまいますよ。

そこで利用してもらいたいのが、「OHAKO(おはこ)」「シンプルな永代供養墓」という2つのサービスです。

小さなお葬式【OHAKO(おはこ)】

小さなお葬式「OHAKO(おはこ)」とは、全国にある永代供養墓からあなたに最適な納骨先を探すことができる、永代供養墓の定額サービスです。

「OHAKO(おはこ)の特徴」

小さなお葬式「OHAKO(おはこ)」には、主に2つの特徴があります。

OHAKO
  1. 納骨に必要なすべて含んだ明瞭価格になっていて、実際に表示されている金額で納骨することができる。
  2. 全国の納骨先のなかから、さまざまな納骨タイプを簡単に比較検討できる

「OHAKO(おはこ)の費用」

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
永代供養墓の定額サービス「OHAKO(おはこ)」では、なんと5,5万円〜という低価格で永代供養墓を利用することができます。

さらに、あなた専任のOHAKOアドバイザーが、一から納骨先探しをサポートしてくれます。

小さなお葬式 永代供養サービス 評判 クレーム
【57人に聞いた】小さなお葬式「永代供養サービス」の評判やクレーム/口コミは最悪?樹木葬・納骨堂・海洋散骨の費用やメリット・デメリットは? 小さなお葬式には、「OHAKO(おはこ)」という永代供養サービスがあり、5,5万円〜という低価格で永代供養を行うことができるんで...

よりそうのお葬式【シンプルな永代供養墓】

よりそうのお葬式「シンプルな永代供養墓」は、全国対応・管理費用・月額費用が不要の永代供養墓の定額サービスです。

「シンプルな永代供養墓の特徴」

永代供養墓の定額サービス「シンプルな永代供養墓」とは、

  • 供養・管理を寺院が代わりに行ってくれる「永代供養」
  • 暮石の購入費用がかからずに他の人と合同で使用する「合祀墓」

このふたつを合わせたサービスです。

「シンプルな永代供養墓の費用」

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
永代供養墓の定額サービス「シンプルな永代供養墓」では、なんと3,5万円〜という低価格で、永代供養墓を利用することができます。

さらに、永代供養墓の定額サービス「シンプルな永代供養墓」の担当スタッフが、永代供養の相談を無料で行ってくれるので、安心して納骨先を探すことができるんです。

【61人に聞いた】よりそうのお葬式「永代供養サービス」の評判やクレーム/口コミは最悪?永代供養墓・海洋散骨・樹木葬・納骨堂の費用や特徴 よりそうのお葬式には、「シンプルな永代供養墓」「海洋散骨」「墓ピタ」永代供養サービスがあり、3,5万円〜という低価格で永代供養を...

永代供養墓【まとめ】

ライフサポートナースマン
ライフサポートナースマン
永代供養墓には、さまざまな種類のものがあり、選ぶ納骨方法によって費用が大きく異なってしまいます。

永代供養墓選びに失敗しないためにも、まずは永代供養に詳しい専門家に相談することをオススメします。